現在位置:Home > 製品情報 > フレキシブル基板(FPC) > 耐屈曲性について


製品情報

耐屈曲性について

1.FPCの可動配線について

FPCはケーブル同様に可部配線として産業機器・民生機器を問わず、広く使われています。
FPCは他の配線材と比較すると、薄さ・軽さ・柔軟性・耐屈曲性・耐折性など、様々な特性に優れています。
優れた特性によって可動部の小型軽量化を実現し、電子機器の高機能化へ貢献してまいりました。
可動配線のFPCにおいて重要な特性である耐屈曲性について、以降ご紹介します。

  • ケーブルなど他ハーネスと比較し極小Rでの屈曲可動が可能
    ケーブルなど他ハーネスと比較し、
    極小Rでの屈曲可動が可能
  • ヒンジ部の可動配線として利用
    ヒンジ部の可動配線として利用

2.耐屈曲性の試験方法について

耐屈曲性の標準的な試験方法については、いくつかが規格化されています。 当社では、IPC(Associstion Connecting Electronics Industries:米国のプリント回路業界団体)規格 及びJIS規格に準拠し、試験を行っています。

試験に関する図

試験では可動板を往復運動させることによって、FPCを屈曲させます。
FPCの導体抵抗を屈曲前後で測定し、導体抵抗の変化を観察します。
下記に紹介する耐屈曲性のデータは、導体抵抗上昇率10%を閾値として、到達するまでの屈曲回数を測定しています。

3.FPCの耐屈曲性について

FPCの耐屈曲性は、使用条件やFPCの構造等、様々な要因によって変動します。
本項目では、FPCのパターン幅、総厚、屈曲半径が異なる際の耐屈曲性をご紹介します。

パターン幅と耐屈曲性の関係
※記載の内容は当社の試験に基づくものです。特性を保証するものではありません。

総厚と耐屈曲性の関係
※記載の内容は当社の試験に基づくものです。特性を保証するものではありません。

屈曲半径と耐屈曲性の関係
※記載の内容は当社の試験に基づくものです。特性を保証するものではありません。

4.当社の材料構成ラインナップについて

沖電線では、お客様ご要望の耐屈曲性を満足するFPCをご提供するため、様々な材料構成のラインナップを取り揃えています。

沖電線の長年積み重ねられたノウハウより、お客様の使用条件に合わせた材料をご提案いたします。
お気軽にご相談ください。

FPC構造図(片面構造)

当社厚み構成ラインナップの一例

材料 厚み
CL基材(ポリイミド) 12.5μm、25μm、50μm
CL接着剤(エポキシ系) 12.5μm、25μm、35μm
導体(銅箔) 12μm、18μm、35μm
CCL接着剤(エポキシ系) 0μm(接着剤無し)、20μm
CCL基材(ポリイミド) 12.5μm、25μm、50μm
  • 上記以外の材料も可能です。詳細はご相談ください。
製品・技術に関してのお問い合わせ
下記のお客様相談窓口もしくはお問い合わせフォームまでお願いいたします。
フリーダイヤル  0120-087091(フリーダイヤル)
受付時間 8時30分~12時、13時~17時(当社営業日)
価格・納期・購入先に関するお問い合わせ
最寄の営業所へお願いいたします。

ページの先頭へ