現在位置:Home > 製品情報 > フレキシブル基板(FPC) > 耐捻回性について


製品情報

耐捻回性について

1.FPCの可動形態について

電子機器小型化のため、配線スペースの削減が推進されており、FPCは電子機器の可動配線部に広く使用されています。
FPCの可動形態としては摺動屈曲が一般的であり、優れた特性を有しています。→参考:耐屈曲性について
しかしながら、特に近年では、ウェアラブルデバイスやロボット等の複雑な動作への追従性を得るために、捻回性や伸縮性といった、屈曲性以外の可動特性を要求されるケースが増えています。→参考:耐伸縮性について
当社ではこのような要求に答えるべく、立体形状FPCを開発しました。
下記に立体形状FPC(スパイラル)の可動形態と、その比較として標準FPCの可動形態を記します。

標準FPCと立体形状FPCの可動形態

なお本項では耐捻回性についてご紹介します。

2.耐捻回性の試験方法について

FPCに対する耐捻回性の標準的な試験方法は規格化されていないため、 当社では下記の方法で試験を行っています。

試験に関する図

試験では回転部を±方向に回転運動させることによってFPCを捻回させます。
FPCの導体抵抗を捻回前後で測定し、導体抵抗の変化を観察します。
下記に紹介する耐捻回性のデータは、導体抵抗変化率10%を閾値として、到達するまでの捻回回数を測定しています。

3.FPCの耐捻回性について

立体形状FPC(スパイラル)と標準FPCの耐捻回性についてご紹介します。
※標準FPCは余長を設けず取り付けると、捻回の際に突っ張りが生じるため、余長を設ける必要があります。そのため下記の捻回試験についても余長を設けた状態で実施しています。

試験対象 立体形状FPC(スパイラル) 標準FPC
試験方法

立体形状FPC(スパイラル)

標準FPC

耐捻回性 1,000万回以上 数万回
捻回可動

捻回可動への適用が可能です。


立体形状FPCと比較すると耐捻回性には
優れません。捻回可動への適用の際は
事前の十分な評価を推奨します。

活用例 立体形状FPC適用例
ケーブルと異なり、スパイラル内部の空間を利用
できる(例:筐体、ケーブル等を通すことが可能)ため
より省スペースの配線を実現可能です。
製品・技術に関してのお問い合わせ
下記のお客様相談窓口もしくはお問い合わせフォームまでお願いいたします。
フリーダイヤル  0120-087091(フリーダイヤル)
受付時間 8時30分~12時、13時~17時(当社営業日)
価格・納期・購入先に関するお問い合わせ
最寄の営業所へお願いいたします。

ページの先頭へ