現在位置:Home > 製品情報 > フレキシブル基板(FPC) > 耐電圧について


製品情報

耐電圧について

1.耐電圧試験とは

耐電圧試験は、隣接導体間に、規定の電圧を規定の時間印加した際に、
導体間の絶縁が印加電圧に耐えられるか、確認するための試験になります。
FPCは、電気的に絶縁するために、導体をカバーコートで被覆した箇所(例:カバーレイによる導体被覆箇所)と、
電気的な接続を行うために、カバーコートを無くし、導体を露出させる箇所(例:端子部の導体露出箇所)が存在します。

カバーレイによる導体被覆箇所
カバーレイによる導体被覆箇所

端子部の導体露出箇所
端子部の導体露出箇所

本項では、カバーコートの有無と、隣接導体間の距離(ギャップ幅)が異なる場合の耐電圧性についてご紹介します。

2.FPCの耐電圧性について

試験条件     JIS C 5016 準拠
    印加電圧:100~3000V
    印加時間:60s
    判断基準:機械的損傷、フラッシュオーバ(表面放電)、スパークオーバ(空中放電)、
         ブレークダウン(絶縁破壊)などの異常の有無
試験対象 カバーコート有(カバーレイ) カバーコート無
試験サンプル カバーコート有 試験サンプル カバーコート無 試験サンプル
結果 カバーコート有 結果 カバーコート無 結果

※記載の内容は当社の試験に基づくものです。特性を保証するものではありません。

カバーコートの有無により、耐電圧性は異なります。
ギャップ幅を広く設定することで、耐電圧性を向上させることが可能です。
当社では、お客様がお使いになる電圧に合わせた配線仕様の提案を行っております。
ご気軽にご相談ください。

製品・技術に関してのお問い合わせ
下記のお客様相談窓口もしくはお問い合わせフォームまでお願いいたします。
フリーダイヤル  0120-087091(フリーダイヤル)
受付時間 8時30分~12時、13時~17時(当社営業日)
価格・納期・購入先に関するお問い合わせ
最寄の営業所へお願いいたします。

ページの先頭へ