現在位置:Home > 製品情報 > フレキシブル基板(FPC) > 沖電線のフレキシブル基板(FPC)生産体制の特長について > フレキシブル基板(FPC)の生産革命


製品情報

フレキシブル基板(FPC)の生産革命

ご要望にお応えします

当社技術・営業が一体となってお客様のご要望にお応えする提案・サポートをさせていただきます。

1. 製品1枚の試作から100万枚/月規模の量産まで、柔軟に対応できます。

  • 枚葉(シート)ラインでのスピーディーな試作ができます。
  • Roll to Roll(RtoR)ラインで、片面・両面FPCの一貫生産ができます。
  • 大手FPCメーカーで対応不可の生産数量でもリーズナブルな価格で対応します。
  • ツール類の保管期限はありませんので不定期なご注文でも問題ありません。
  • 転注案件も承ります。他社作製ツールを極力流用しますので、ご供給いただければ初期費用を抑えた対応も可能です。

2. 高品質な製品をお届けします。

  • AOI(自動外観検査装置)での品質チェックと、最終工程での電気試験および出荷検査にて品質を保証いたします。
  • 装置は全てクリーンルーム内に設置(最高クリーン度:クラス1000)しております。
  • RtoRの一貫生産ラインに加え、金メッキラインも社内に保有し、全工程国内生産にて品質を保証いたします。

生産ラインにおける特長をご紹介します


Roll to Rollライン【両面FPC工程フロー】

RtoRラインは一般的には片面板の量産対応設備ですが、当社のRtoRラインは、片面はもとより両面FPCの対応ができるのが特長です。
また、設備はクリーンルームに設置し、防塵を配慮した管理となっております。

Roll to Rollライン【両面FPC工程フロー】

パートリーロール生産方式

多品種変量品を、低価格・高品質で提供いたします
ロールライン、枚葉(シート)ライン単独では不可能だったオリジナル長尺製品を提供いたします。

  • 少量品を、同一ロール材料内に多品種混合しての配置が可能。業界唯一の画期的な生産方式を確立しています。

パートリーロール生産方式
の図
製造イメージ

  • 装置の特長を活かした、長さ100mのオリジナル製品を創出しました。
    ロール式の特殊穴あけ装置と、枚葉(シート)式の自社製大型露光装置のハイブリッドから生まれる超長尺フレキシブル基板(FPC)の提供いたします。
    ロール銅メッキ装置の活用で、両面配線品でも提供が可能です。

特殊仕様穴あけ装置の「有能活用」による、画期的な多品種変量ロール生産方式です

パートリーロール生産方式の図

ツールレス生産方式

品種毎に発生するツール費用(金型代・電気チェッカー代)の大幅に低減いたします。
お客様の予算と要求精度に合わせた、ベストツール(方式)を提案いたします。

フレキシブル基板(FPC)を新規に注文する場合、製品代金の他にツール費用(金型代・電気チェッカー代)が発生します。
当社ではこの品種毎に発生するツール費用(金型代・電気チェッカー代)の大幅な低減が可能になるため、試作段階での設計変更に最適です。
お客様の予算・要求精度・必要製品数に合わせた、ベストツールを提案いたします。



ツールレス生産方式によるコストダウン例

  通常の生産方式 ツールレス生産方式
カバーレイ加工・製品外形加工 トムソン金型・本金型
トムソン金型:5~20万円
本金型:50~200万円
NC制御カッター(精度±0.1mm)
データ編集代のみ(製品20シートまで)
トリミング打抜きプレス
データ編集代のみorトムソン金型代5万円程度
電気チェッカー 専用ピンチェッカー治具
8~30万円
フライングチェッカー・ユニバーサルチェッカー治具


製品・技術に関してのお問い合わせ
下記のお客様相談窓口もしくはお問い合わせフォームまでお願いいたします。
フリーダイヤル  0120-087091(フリーダイヤル)
受付時間  9時~12時、13時~16時(当社営業日)
価格・納期・購入先に関するお問い合わせ
最寄の営業所へお願いいたします。

ページの先頭へ